東京マラソン2020の注目選手まとめ

東京マラソン2020がいよいよ3/1【日】に開催されます!

残念なことに、

今回、一般参加が中止となり、物議を巻き起こしておりますね。

皆さんご存知の通り理由は“コロナウィルス”ですね、特に東京では、感染者が多いということもあり、たくさんの人が集まることは回避したいのは当然ですね。

しかしながら、

東京五輪の選考会を兼ねているこの大会自体の中止とまではいかなかったようで、アスリート参加の大会は実施されます。

そこで、“東京マラソン2020の順位予想!と注目選手”を調査してみました。

東京マラソン2020の注目選手をご紹介!!

大迫傑(NIKE)

“これまで走りきったマラソンはすべて3位で、東京マラソンで優勝したいという気持ちがあった。”

と、語っており実は、日本記録を出したシカゴマラソンや昨年のMGCなど、まだ優勝していない大迫傑選手。今回にかける思いは確かのようです。

昨年、年末に所属していたNIKE・オレゴンプロジェクトが、ヘッドコーチ(サラザール氏)の禁止薬物の売買や使用によって閉鎖となり、動向が心配されておりましたが、活動拠点をアメリカ・オレゴンからケニアに写したようで2月は合宿をしていたようです。

近々では、1月の後半にドバイマラソンに練習の一環として出場し、予定通り30km付近で棄権しております。

昨年夏のMGC以降、レースには参加しておらず現材の状態は未知数ですが、きっと彼なら結果を出してくることが予想されます。

 

設楽悠太(HONDA)

東京マラソンの会見では、

「2時間4分台でなければオリンピックを辞退する」

「お金のために走る」

などと発言し、なんとも破天荒な発言と、私生活ではレース前に“コンビニ弁当”普段も冷蔵庫には“炭酸ジュースやビール”と、アスリートとは思えぬ行動を見せている設楽悠太選手。

夏のMGCではスタート直後から飛び出す「大逃げ」を図るも失敗し、失速。。。

毎度ながらファンを沸かせてくれますが、今回も何かをやりそうな予感しかしません。

しかしながら、2018年のこの大会では日本記録を出しているので、自信はあると思います。

同級生である大迫傑選手との争いも見られるかもしれません。

 

井上大仁(MHPS)

2018年の東京マラソンで2時間6分台を出している井上大仁選手、先日のニューイヤー駅伝では、設楽選手を抑えて区間賞を取っております。

実は、

この時にアシックスの広告塔のような存在だった井上大仁選手がなんと、あのNIKEの厚底“ヴェイパーフライ”を履いて走ったようですね。

もしかすると、

今回の東京マラソンで、“ヴェイパーフライ”を履いた井上大仁選手が何かを起こしてくれるかもしれません!

 

神野大地(セルソール)

あの“山の神”こと青山大学出身の神野大地選手。

夏のMGCでは、17位と結果を残せませんでしたが隅に置けない存在でしょう。

2018年の東京マラソンでは8位だったので、今回あたり結果を出してくるかもしれません。

 

村山謙太(旭化成)

どちらかというと、トラック競技やハーフマラソンに強い村山謙太選手。

去年夏のMGCの舞台に立つことができなかったが、今後の日本のマラソン界を背負って立つと注目されている選手の一人です。

2019年のベルリンマラソンでは、折り返し地点を日本記録ペースで通過したものの、後半失速してしまい、2時間08分56秒の9位という結果。

後半失速するのが、毎度の課題となっている。

そんなエラーを今回は、払拭する走りを今回は期待したい。

 

佐藤悠基(日清食品)

東海大学の選手として箱根駅伝でも大活躍した佐藤悠基選手ももう33歳だそう。

なかなか活躍できてはいないこともあり、東京五輪への思いも強いと思います。

ぜひ、ベテランの走りにも注目したいですね!

東京マラソン2020の放送予定

【START時間】

▶︎ 2020年3月1日(日)9時10分です。


【テレビ放送】

▶︎ フジテレビ系全国ネット

で生中継されます。

【ライブ配信】

「FODライブ配信スケジュール」

★09:05〜11:30頃:東京マラソン2020マルチアングルライブ配信
★10:20〜16:10頃:全完走者のフィニッシュシーンライブ配信

「hulu見逃し配信の内容」

・フィニッシュシーン(1時間毎に動画が分かれている)
・銀座4丁目交差点カメラ映像(1時間毎に動画が分かれている)
・一般ランナー・車椅子エリート画像(2020一般ランナーは中止)

ということで、

ライブ配信 →→→ “FOD”

見逃し配信 →→→ “hulu”

を使って観戦しましょう!!

東京マラソン2020の順位予想と注目選手まとめ

今回、上記6選手を調査してみました。

この中で優勝するのは??

個人的には、

“大迫傑”推しです(笑)

どの情報を見ても、大迫傑選手か、設楽悠太選手の二人が本命のようです。

レース展開としては、

アフリカ勢に、大迫傑選手と設楽悠太選手がどのように食らいつき、後半にどのようなことを仕掛けていくか?ではないでしょうか?

あとは、天候も十分左右すると思います。

ますます、楽しみになってきました!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました