小林麻耶が芸能界復帰と市川海老蔵の子供再会でも夫・國光吟と離婚できない理由

元TBSでフリーの小林麻耶アナウンサー(41歳)と整体師・タレントの國光吟さん(37歳)に、離婚話が浮上しております。

小林麻耶アナと國光吟さんは2018年7月に2ヶ月でスピード結婚し、小林麻耶さんは当時所属していた芸能事務所『セント・フォース』も退所、芸能界を引退しました。

しかしながら、

2019年5月には芸能界復帰を果たし、整体師だった國光吟さんと共に芸能事務所『生島企画室』に所属するも、

小林麻耶アナ夫婦とテレビ局や出演者とのトラブルにより、レギュラー出演していた情報番組『グッとラック!』などを降板。

そのトラブルや番組降板に夫である國光吟さんが関与しているとのことで、洗脳疑惑などが取り上げられ、すっかりメディアから姿を消しました。

小林麻耶が夫である國光吟と離婚したい理由とは?

あれだけ仲が良かった小林麻耶夫婦ですが、現在は、小林麻耶さんは実家へ、國光吟さんは新たなマンションを借りて別居しているという噂です。

別居していることは認めておりましたが、離婚に関しては否定をしていたお二人ですが、いい加減考え直したのか?

最近では、“離婚話”が浮上しております。

「今、離婚する方向で話が進みつつあるといいますね。周囲との会話、説得もあって、麻耶さんも國光氏に対して冷静になってきたこともありますが、それ以外にも離婚を考えるようになった、2つの理由があるそうです。」

とのこと、どんな理由なのでしょうか?

1つ目の理由は「芸能の仕事がしたいから」ということ。

「『グッとラック!』降板の際は、出演者の夫という全く番組に関係がない國光氏が、番組外でMCの立川志らくさんに“暴言”を吐いたことにTBSサイドが激怒していて、麻耶さん降板の直接原因になった可能性も囁かれていました。今後も國光氏が隣にいるのならば、テレビ関係者、芸能界の関係者は麻耶さんに接触することはないでしょう。またトラブルが起きるのは必至ですからね。彼女も、彼といては芸能界の仕事ができない、と痛感したのではないでしょうか」

と語ってい流ようです。

2つ目の理由は「妹の小林麻央さんの子どもとの再会」ということ。

「海老蔵さんは、素性もはっきりせず、過度にスピリチュアルな國光氏を強く警戒し、子どもたちへの影響を心配して、彼と麻耶さんを避けていたと報じられています。國光氏の存在が、姪と甥に会えない大きな理由になっているということ。麻耶さんは、妹の子どもたちに会えないことが辛く、会いたい気持ちが勝って、離婚に気持ちが傾いているという話です」

と説明していたようです。

実際のところ、お二人の離婚はあるのでしょうか?

小林麻耶が國光吟さんと離婚したくても、離婚できない理由とは?

前述のように、現在は別居はしておりますが、3月頃の情報によると、小林麻耶さんは、まだ依存状態が継続していると伝えられております。

小林麻耶さんの現在の状況について、知人の方の話によると、

「麻耶さんは國光さんと離れて暮らすことを喜んでいるわけではない。苦渋の決断なんだと思います。それだけ國光さんという存在が、彼女の心の億まで浸透している」

と語っているそうです。その理由については、、、

小林麻耶さんは最愛の妹を亡くして、精神的にも乱れていた頃に、國光吟さんと出会っております。

その辛い頃の心の拠り所となっており、そう簡単に離婚となるわけがないと語っておりました。

小林麻耶さんは、まだまだ、國光吟さんに依存されているのがよくわかりますね。

この依存から抜け出すことは簡単ではなさそうです。

まとめ

『小林麻耶が芸能界復帰と市川海老蔵の子供再会でも夫・國光吟と離婚できない理由』ということでお伝えしてきました。

今後、もし離婚成立することになれば、自分の子供のように可愛がっていた麻央さんの子供である麗禾ちゃん、勸玄くんに会うことができるようになるでしょうし、異常な言動・行動が無くなれば、仕事の話も出てくる可能性があります

果たして、小林麻耶さんは國光吟さんの依存から抜け出せるのでしょうか?

今後も目が離せません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました