蔵前・ペリカンカフェで食パンを頂きました!どんなメニューがあるの? 

先日、ようやく行けた“ペリカンカフェ”2017年8月にオープンして間も無く2年を迎えようとしております。

すごい人気で私が行った日は生憎の雨模様でしたが、天候にも関わらず並んでいる状況でした。

そんな“ペリカンカフェ”何で人気なのか?と言いますと実は、浅草の老舗パン屋『ペリカン』が母体になっており、その直営店としてオープンしているのです。

そのパン屋の情報とともにちょっとご紹介しますね。

浅草・老舗ベーカリー『ペリカン』ってどんなパンが人気なの?

有名な話ではありますが、この『ペリカン』jつは、“食パン”と“ロールパン”の2種類しかないそうです。

創業が昭和17年でそれ以来、戦後の喫茶店ブームを勝ち抜くために変遷はあったようですが、この2種類に拘り続けた結果、今日に至るようです。

今でも毎日予約だけで売り切れになる状態だとか。

購入する人は、ホームページを確認してから購入しに行ってくださいね。

そんな有名パン屋の『ペリカン』が2年前に満を持して2017年8月にオープンした“ペリカンカフェ”実際に行ってみましたので、ちょっとご紹介!

蔵前・ペリカンカフェは蔵前駅から徒歩5分くらい。パン屋も近い⁉︎

蔵前・ペリカンカフェは、蔵前駅から5分程度のところにあります。

実は、ベーカリーの『ペリカン』にも徒歩2分ととても近い。

私は把握しておらず“ペリカンカフェ”についてから気づいたのですが、、、

予約しておけば良かった。。。と、ちょっと後悔!ま、また来るきっかけになっていいか!と。

そんなこんなで歩いて到着。駅からこのお店に着くまでにもケーキ屋さんや喫茶店がちょこちょこと気になりながら。

蔵前は、最近はコーヒースタンド系のお店も増えています。

ホステルなどもあり、コーヒー巡りの1つとしてもいいかもしれません。

蔵前・ペリカンカフェは、シンプルでおしゃれな雰囲気!

店内は、とても綺麗で清潔感があり、とにかくおしゃれでした。

キッチン側は、コンクリートむきだし?の感じでガラス越しにパンを焼いているのが見れます。

テーブルや椅子は、木の作りでとても落ち着いた雰囲気です。

蔵前・ペリカンカフェで、今回注文したのは⁉︎

やはり、食パンを食さないと始まらない!ってことで、バタートーストセット(ドリンクがセットになっている)を注文

妻と一緒だったので、

妻はハムカツサンドとコーヒー、さらにフルーツサンドも注文。

他に、本日のスープやサンドもあるようですが、今回は来店した時間が早かったので注文できず。。。

蔵前・ペリカンカフェの感想

さっそく、

頂きましたが、ふんわりもっちり。

んん??ありきたりなコメントになりましたが、とにかく美味しいです!

しかも、このトースト炭火で焼いているんですよ。ぜひ、食して頂いてほしいです。

あと、コーヒーも美味しかった。ペリカンの先代が「香りの高いコーヒーとバタートーストの朝食は最高だな」ってよく言っていたそうで、コーヒーにもこだわりを感じました。

どこの豆を使っていたのか?わかりませんが濃いめで酸味が少ないコーヒーでした。パンによく合いましたよー。

もちろん、ハムカツは厚くてびっくりで、フルーツサンドも小さめでしたが、色んなフルーツを楽しめて良かった。中でもドラゴンフルーツはびっくりでしたね。

蔵前・ペリカンカフェの店舗情報

住所: 東京都台東区寿3-9-11 1F

最寄り駅: 田原町駅から323m

TEL: 03-6231-7636

(営業時間)

月~土 9:00~17:00 LO

(休業日)

日曜日・祝日・特別休業日(夏・年末・年始)

・本日のサンドイッチ

・本日のトースト

のみ11時から。

土曜日は、オープンから全種ご注文いただけるようです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする