イクメンの悩み、なぜ家事も留守番しても妻のストレス不満は減らない?

この記事は5分で読めます

%ef%bc%91

こんにちはー

イクメンshinです 🙄 

今回は、

イクメンの悩み、なぜ家事も留守番しても妻のストレス不満は減らない?

ということでお伝えしていきますね!

イクメンとは

「イクメン」とは「子育てする男性(メンズ)の略語。

単純に育児中の男性というよりはむしろ「育児休暇を申請する」「育児を趣味と言ってはばからない」など、積極的に子育てを楽しみ、自らも成長する男性を指す。実際には、育児に積極的に参加できていなくても、将来的にそうありたいと願う男性も含まれる。(ーコトバンクより引用ー)

私もイクメンの一人なんです!

と胸を張って言いたい!!(笑)ところですが、おそらく、妻は認めてくれないでしょう(笑)

しかしながら、

冒頭の文章にもありましたが、「実際には、育児に積極的に参加できていなくても、将来的にそうありたいと願う男性も含まれる。」

とありますしね!私も将来的には、、、(笑)

さてさて、

イクメンの代名詞⁉︎『留守番』代名詞ではないか?

世の中のパパなら誰もが経験ありますよね?

しかも、

留守番していたはずなのに、『留守番になってない!!』って怒鳴られたパパさんも少なくないんではないでしょうか?

本日は、そんなパパのために送る内容となっております。

今回は、イクメンというくくりに限らず、パパ達へのメッセージも込めて。

少しでも参考になれば幸いです。

イクメンの悩み

 

 

 %ef%bc%96

 

 

 

 

 

 

イクメンの悩みの本質ってはこんなことではないでしょうか?

子供や家族と居ることは、決して嫌ではないが、、、

 

  • 1人の時間が持てない不自由感
  • なんとなく1日過ぎて、何もしていない感

 

でもでも、こんな悩み妻に言ってもなかなか理解してはくれません。きっと、、、。

 

だって、ママなんか毎日そうですもん!

%ef%bc%97

きっとパパの皆さんはパパになって、

  • 子供、めっちゃかわいい!
  • 家に早く帰って寝顔を見るのが楽しみ!
  • 生活に活気が出た!

などなど、よくなったことを挙げるときりがありません。

そんな反面、悩みも増えているのではないでしょうか?

飲み会に気軽に行くことができない

今後の家計のやりくりが不安

仕事と家事のバランスがむずい

などなどありますが、お互いの悩みなんてなかなか理解しあえないものかもしれません。

子育てと言うと、

ママの苦労が先行してしまいがちですが、

パパだって頑張ってるんです!!!!

%ef%bc%98

 

家族の為に仕事、頑張ってるんです!!!!

朝早くから、遅くまで、嫌いな人と仕事する時だってあるし、体力勝負の仕事もあります。

帰ってくると、ヘトヘトなんです。

休日だって、ゴロゴロしたいいんです。

なぜ?夫に対する妻のストレスや不満はなくならないのか?

「家事だってやってるし、、、」

「留守番だってできるし、、、」

多くのパパが思っている。

パパだってやっている!

俺だって、イクメンだ!!

でも、うちの妻はそうは思っていない。。。。

それが現実だったりする。

なぜでしょうか?

それは、

★パパ目線のみで家事、留守番をやっている

からです。

 

%ef%bc%99

子育て、家事の主導権は、一番関わっている妻に委ね、ママ目線の

『ママが求める家事、留守番を満たす』

 

%ef%bc%91%ef%bc%90

ことが、妻のストレス不満をなくすための解決策である。

といえば、賛否両論あると思います。

「パパにストレスかかる」

「そもそも、子供のためになっていない」

ここは、2の次でいいんです。

『ママが求める家事、留守番を満たす』

ここを解決すると、案外、その後がスムーズにいったりします。

私もこのことを忘れてて痛い目になったことは数えきれません。

ママ目線である『ママが求める家事、留守番を満たす』

このママ目線になるといいうのは、

コミュニケーションのテクニックの王道でもあります。

人間関係の悩みを解決する上で重要なテクニックでもある。

  • 自分目線
  • 相手目線
  • 自分と相手を傍から見た第三者目線

この3つの視点に立ち、考えてみると思わぬ解決策が見つかってきます。

木を見るのでなく、林を見るのでなく、森を見ろ!

とか、

虫の目でなく、鳥の目で見ろ!

%ef%bc%91%ef%bc%91

などと同様の視点で良いと思います。

例えば、

『ディズニーランドに連れていく』ということに対して、各目線はこうではないでしょうか?

パパ目線

▶︎ 「みんな大好きディズニーランド!ここへ連れていけば文句ないでしょう」

ママ目線

▶︎ 「そんなお金と時間をかけなくても、近所の公園で遊んでもらいたい」

子供目線

▶︎ 「ディズニーランド⁉︎パパとママと一緒ならなんでも楽しい!」

この場合、

それぞれが考えが違うので、ケンカのもとになる可能性は高い。

でも、こうやってそれぞれの視点になって考えてみると、案外ケンカせずに解決することもできるかもしれません。

子供が小さいと意見は言えませんが、妻には意見を聞くことができると思います。

あくまでも自分視点を押し付けないことがここのポイントだと思います。

イクメンの悩み解決

%ef%bc%91%ef%bc%92

冒頭でも書きましたが、

イクメンの悩みとして

1人の時間が持てない不自由感

なんとなく1日過ぎて、何もしていない感

と上げさせていただきましたが、この解決方法として提案させていただきます。

 

 

1人の時間が持てない不自由感の悩み解決

『ひとり時間を持つ』ということです。

 

 

こちらは、パパだけでなくママも同様。

ママにも『ひとり時間』をもたせてあげるんです。

もちろん、

休みの日などに家族全員で過ごすことは大切ですが、

カフェなどで自分の時間を過ごすことも同じくらい重要だと私は思っております。

趣味の時間として、本を読んだり、ゆっくりくつろぐ時間を自分に与えてみてはいかがでしょうか?

私の場合でいうと、

うちの妻は、ひとりだと過ごし方がわからないという感じだったので、

私が子供を連れて家を空ける時間を作りました。

これは、あるお客様である先輩ママさんから聞いたご意見で、なかなかひとりの時間を過ごすことがないけど、

最初は家の事が気になって、なかなかくつろげないから、パパが子供を連れて出て行くのがいいのよ。と。

そうすれば、

ママは家事が進んでなければ家事をする。

子供がいないと家事も進むし、家事が終われば自分の時間を過ごす。

部屋を片付けたりするのも、その後の生活がスムーズに行き、いい時間が過ごせるかもよ。

と、教えて頂きました。

パパとしては、

出かける時は家族揃ってがいい!!と思ってましたが、半分は子供の面倒が大変だからというのもあって(笑)

たまには、

ママなしで出かけることオススメですよ!

 

 

なんとなく1日過ぎて、何もしていない感の悩み解決

 

 

に関しては、決して子供と過ごすことが嫌いな訳ではないんですよ。

でも、1日子供と過ごすと不自由感がありますよね?

 

そんな時、ご提案としては『子供が寝ている間を活用する』

 

私は、

日中子供と精一杯遊ぶ代わりに、朝と夜に時間を作ります。

夜は、子供と寝落ちすることも多いので、朝、子供達が寝ている時に早起きして家を出て、カフェなどで時間を過ごします。

これが案外充実するんです。

 

 

shin家の場合、

娘が小学生(息子は未就学児)だということもあり、土日などのお休みはいつもよりゆっくり起きてご飯を食べながら過ごすこと多いです。

そこに、私も居るとあっという間にお昼⁉︎

『ねー、お昼に何にしようか?』と、

特に出掛けてもいないのに、お腹は素直に反応しダラダラとお昼まで過ごすことも多いのです。

だったら、その時間を近所のカフェなどで過ごして、「○時頃帰るから、公園に出掛ける準備しておいて!」と伝えると、家族にもメリハリがついて1日を楽しく過ごすことができると思います。

子供たちが起きてご飯を食べ終わった頃に帰れば、朝一からエンジン全開で遊べます。

もちろん、

これが毎週だと家族はストレスです。

月に1~2回は、朝から一緒に過ごし朝早くから出掛けることもオススメです。

それと、

朝出掛ける時のポイントは、

家族が起きる前に家を出るということ。

%e5%ae%b6%e3%82%92%e5%87%ba%e3%82%8b

 

パパだって、一人の家族を愛する人間、家族が起きてくると、自宅でゆっくり過ごしたくなりますもんね。

起きるのが大変ですが、なんとなく1日すぎるということは無くなりますよ。

一度、チャレンジしてみてくださいね!

 

まとめ

 

イクメンとは、

 ▶︎積極的に子育てを楽しみ、自らも成長する男性を指す。実際には、育児に積極的に参加できていなくても、将来的にそうありたいと願う男性も含まれる。

イクメンの悩み

 ▶︎1人の時間が持てない不自由感

 ▶︎なんとなく1日過ぎて、何もしていない感

なぜ?夫に対する妻のストレスや不満はなくならないのか?

 ▶︎パパ目線のみで家事、留守番をやっているからです。
 

イクメンの悩み解決

 ▶︎ひとり時間を持つ

 ▶︎子供が寝ている間を活用する

 

以上、『イクメンの悩み、なぜ家事も留守番しても妻のストレス不満は減らない?』

共有ありがとうございました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. IMG_6460
  2. IMG_6830
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。